Deliver Great Music

Ultimate Music Album - 極 -


== Sponsord Link ==


Jon Bon Jovi - Blaze of Glory:ブレイズ・オブ・グローリー -

日本でもお馴染みBon Joviのヴォーカル
Jon Bon Joviのソロ第1弾" Blaze of Glory "

 

映画『 ヤングガンⅡ 』のサントラ的意味合いを持つアルバムではあるが、全米を圧巻した" ニュー・

ジャージー "ツアーの後に作成されたジョン・ボン・ジョヴィのファースト・ソロアルバムである

なぜソロ・アルバムになったか、上述したようにこの時期は2年にわたるワールド・ツアーを終えた

ばかりで、バンドとしての動きが一切ないタイミングであったし、バンド内の状況も決して良好とは

いい難い状況だったのもあり、それもあってジョンはソロという" もう一つの手段 "を試したんだと思う

楽曲自体はすべてジョンひとりで書かれたもの、メロディ・センスはさすがである

アルバム全体に過酷なツアーから開放されたせいか、伸び伸びと歌い上げている

シングル・カットされた" ブレイズ・オブ・グローリー "のPVは、当時ライヴ・シーンをメインにした

ボン・ジョヴィのそれとは違い、ジョン1人が山の頂上で歌い上げるという味わい深い作品になっている

 

f:id:freedom126:20190318114630j:plain

§ Recorded Music §
1 Billy Get Your Guns - ビリー・ゲット・ユア・ガンズ
2 Miracle - ミラク
3 Blaze of Glory - ブレイズ・オブ・グローリー
4 Blood Money - ブラッド・マネー
5 Santafe - サンタフェ
6 Justice in the Barrel - ジャスティス・イン・ザ・バレル
7 Never Say Die - ネヴァー・セイ・ダイ
8 You Really Got Me Now - ユー・リアリ・ガット・ミー・ナウ
9 Bang a Drum - バング・ア・ドラム
10 Dyin' Ain't Much of a Livin' - ダイン・エイント・マッチ・オブ・ア・リヴィン
11 Guano City - グアノ・シティ

§ Back Member §
Jon Bon Jovi - ジョン・ボン・ジョヴィ( Vo )
Kenny Aronoff - ケニー・アロノフ( Ds )
Randy Jackson - ランディ・ジャクソン( B )
Waddy Wachtel - ワディ・ワクテル( G )
Aldo Nova - アルド・ノヴァ( G )
Benmont Tench - ベルモント・テンチ( Key )

 

 

 

 

サントラ盤的なジャケットだが、あくまでも" Inspired by the Film "なので、内容は良質なアメリカン

ロックである…ジャケットで損をしているのは否めないが

プロデュースは、ダニー・コーチマーとジョン・ボン・ジョヴィの共同で、参加メンバーは実は玄人

好みの凄いミュージシャンだったりするところがこのアルバムのキモ、そして何といってもジェフ・

ベックがほぼ全曲に参加し、ソロを聴かせてくれる豪華さ、ジェフ・ベックが参加していることを

知らない人も多いのではないか

アルバムはとにかくジョン・ボン・ジョヴィが主役なので過度な期待はいけないが、ジェフ・ベック

セッション・ワークとしては重要なアルバムといっていいだろう

アメリカン・ロックのプロフェッショナルなミュージシャンたちが( イギリスとカナダ含 )作りあげた

実はとっても重要なアルバとなっている

 

 

Blaze of Glory

Blaze of Glory

  • provided courtesy of iTunes
 

 

音楽性は、オーガニックなアメリカン・ロックになっている

フォーク・ブルース・カントリーなどアメリカン・ルーツ音楽を多分に含んでおり、まるでアメリカの

大地の臭いがしてくるようなアルバムである

このアルバムでは、" ブレイズ・オブ・グローリー "が全米1位を獲得したことで有名だが、" ブラッド・

マネー " " サンタフェ " " ジャスティス・インザ・バレル "の流れや、" ダイン・エイント・マッチ・オブ

ア・リヴィン "が心にしみていい…" 心の深いところを感動させてくれる "という感じ

ボン・ジョヴィ・ファンには" ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ "、" ジーズ・ディス " " クラッ

シュ "の聴かせるタイプの曲が好きな人にお勧めであるし、ジェフ・ベック・ファンにもセッションと

しては秀逸なのでお勧めである

 

『 ヤングガンⅡ 』でビリーザ・キッドを演じているエミリオ・エステペスが自身の役のテーマ・ソング

として、ボン・ジョヴィの" ウォンテッド・デット… "の使用を申し出てきたが、結局ジョンは新曲を

用意し、映画のサントラが制作された

" ブレイズ・オブ・グローリー "が使われているだけで、後は映画とは無関係の全曲オリジナル・アルバム

ボン・ジョヴィと比べると多少ハード・ロック色が薄く全編聴きやすい印象、とにかく曲のクオリティが

高いので最後まで飽きない

" ブレイズ・オブ・グローリー "のような西部劇をイメージさせる曲はこの1曲だけで、あとはバラード

あり、アップ・テンポあり、アコースティックありと、ソロ・アルバムとしてはバランスのとれた1枚

当時の勢いを感じさせる名盤、今聴いても色褪せていない

 

Blaze of Glory

Blaze of Glory