Deliver Great Music

Ultimate Music Album - 極 -


== Sponsord Link ==


Steely Dan - Countdown to Ecstasy:エクスタシー -

あまり語られることのないSteely Danのセカンド・アルバム

 

スティーリー・ダンというと" 彩( エイジャ )"の洗練されたイメージを持っていると思うが、この

2作目はブルージーでサザン・ロックに通じるような泥臭さにあふれている

何しろギター・ソロが長く、そのギターも後期のラリー・カールトンやジェイ・グレイドンのような

洗練されたギターではなく、ジェフ・バクスターのソウルフルなギターは後期のスティーリー・ダン

計算されたものというよりかは、インプロビゼーションでアドリブチックに弾かれたような印象を受ける

" ショウ・ビズ・キッズ "ではリック・デリンジャーがスライド・ギターを弾いている

 

§ Recorded Music §
1 Bodhisattva - 菩薩
2 Razor Boy - レイザー・ボーイ
3 The Boston Rag - ザ・ボストン・ラグ
4 Your Gold Teeth - ユア・ゴールド・ティー
5 Show Biz Kids - ショウ・ビズ・キッズ
6 My Old School - マイ・オールド・スクール
7 Pearl of the Quarter - ヴレ・ヴ( パール・オブ・ザ・クォーター )
8 King of the World - キング・オブ・ザ・ワールド

§ Band Member §
Donald Fagen - ドナルド・フェイゲン( Key,Vo )
Walter Becker - ウォルター・ベッカー( B,Har,Vo )
Denny Dias - デニー・ダイアス( G )
Jeff 'Skunk' Baxter - ジェフ・'スカンク'・バクスター( G )
Jim Hodder - ジム・ホッダー( Ds )

 


 

 

 

専任ヴォーカリストだったデヴィッド・パーマーが抜けて、よりインスト重視になった作品で、チャート

的には35位まで登ったアルバムだが、ヒット曲が多い1stと3rdに挟まれているため印象は地味である

しかしながら当然のように素晴らしい作品で、ジャズやラテンを加えたクロスオーヴァー風な" 菩薩 "は

このグループの真骨頂ともいえる曲であり、この1曲だけでも聴く価値がある傑作である

同じくジャズ+ラテン風味のボサノヴァの" レイザー・ボーイ "、同じくジャズ風のボサノヴァ

" ユア・ゴールド・ティース " " ショウ・ビズ・キッズ "はシングル・カットされ、同じくシングルと

なった" マイ・オールド・スクール "などは彼ららしさを加味したソウルっぽい曲であり、アレンジも

文句のない1曲である

 

 

 

 

 

Bodhisattva

Bodhisattva

  • provided courtesy of iTunes
Listen on Apple Music
App Icon Apple Music

 

1回聴いてすぐに馴染めそうなキャッチーなメロディが多かった前作に対し、このアルバムはスルメの

ように聴くたびに味わいが深まっていく

" 彩( エイジャ )"で昇華するスタジオで作り上げる芸術、完璧を極める演奏はここから始まっていて

キーボードのかっこいいメロディが目立つラストの" キング・オブ・ザ・ワールド "であるが、バックの

ギターの聴こえ方を最適化するために何日もかけたらしい

日本ではスティーリー・ダンの中では人気はないが、同じく影の薄い" うそつきケイティ "と並び

スティーリー・ダンの本質を知りたいのであれば絶対聴いてほしい

最初の" 菩薩 "はTOTOなどほかのロック・バンドのライヴに使われていただけあってノリがいいが

彼らの音楽の場合、その卓越した演奏力というのを忘れてはいけないと思う

 

スティーリー・ダンの歴代のアルバムの中でもダントツの熱気に満ちていて、どちらかといったら

スタジオで作り込む感じのスティーリー・ダンなのであるが、本作は生演奏を視野に入れたインスト色の

強い作りになっていて、原題の通りその独自のグルーヴと疾走感はエクスタシーに満ちている

このアルバム以降の完璧に計算、設計、構築された釘一本おろそかにしないような丁寧さ、細やかさとは

対象的に、釘を何本か抜いたようなルーズさや、相変わらず捻くれてはいるがきっちりと作られた枠から

はみ出さないくらいの勢い、粗っぽさがほかのアルバムにはないこのアルバムならではの魅力で、音も

少し濁らせているように感じる

" 彩( エイジャ )"や" ガウチョ "にはないロックン・ロールとしての躍動感にあふれていて、極めて

良質なロック・アルバムであると思う

 

Countdown To Ecstasy

Countdown To Ecstasy

Amazon