Deliver Great Music

Ultimate Music Album - 極 -


== Sponsord Link ==


U.K.

Peter Frampton - Frampton Comes Alive!:フランプトン・カムズ・アライヴ -

Peter Framptonと70年代を代表する歴史的な名盤ライヴ・アルバム

Jethro Tull - A Passion Play:パッション・プレイ -

アルバム全編で1曲という大作となった1973年のコンセプト・アルバム

Eric Clapton - Money and Cigarettes:マネー・アンド・シガレッツ -

ルーツに根ざした本格的なブルース感覚が宿る傑作

CAMEL - Rain Dances:雨のシルエット -

ファンタジックかつジャージーな音楽性へとシフトした1977年作5th

Hatfield and the North - The Rotters Club:ザ・ロッターズ・クラブ -

彼らの代表作としてだけでなく、カンタベリー・シーンを代表する最高傑作

Anthony Phillips - Wise After the Event:ワイズ・アフター・ジ・イヴェント -

ファースト・アルバムと同路線のアコースティックな作風で、ヴォーカルに比重を置いている

Steve Howe - Turbulence:タービュランス -

美しいメロディ、繊細さと大胆さの両方を併せ持つSteve Howeのギターに魅せられる

Jon Anderson - Olias of Sunhillow:サンヒローのオリアス -

Jon Andersonが自身の才能を発揮した渾身の架空創話

Van Der Graaf Generator - Pawn Hearts:ポーン・ハーツ -

孤高の詩人Peter Hammill率いる英国プログレ史上の名バンド 最高傑作と評される1971年リリースの4thアルバム

Atomic Rooster - Atomic Roooster:アトミック・ルースター・ファースト・アルバム -

Atomic Roosterの1970年発表のデビュー・アルバム

COLOSSEUM - Daughter of Time:ドーター・オブ・タイム -

イギリスのジャズ・ロックの代表グループ、Colosseumの第2期作品

Curved Air - Air Cut:エア・カット -

天才ヴァイオリニスト、Eddie Jobsonを迎えて制作された新生Curved Airの第1作

McDonald and Giles - McDonald and Giles:マクドナルド・アンド・ジャイルズ -

King Crimsonのオリジナル・メンバーであるIan McDonaldとMichael Gilesによるデュオ・ユニット、1971年発表の唯一のアルバム

Transatlantic - SMPT:e:トランスアトランティック・ファースト・アルバム -

" SMPT:e "メンバーの最後のイニシャルの組み合わせ レコーディング・スタジオで使用される一般的なマシン・タイム・プロコトル

Greenslade - Greenslade:グリーンスレイド -

ツイン・キーボード ギター・レスというバンド編成で、その分ベースとメロトロンが大活躍する

Anthony Phillips - The Geese and the Ghost:ギーズ・アンド・ザ・ゴースト -

GENESISの雰囲気を残しながらもAnthony Phillipsの牧歌的でアコースティックな持ち味を明確に示した作品

The Moody Blues - Every Good Boy Deserves Favour:童夢 -

The Moody Bluesが1971年にリリースした7作目 全英アルバム・チャートのトップを飾った大傑作

TEMPEST - Living in Fear:眩暈 -

ヘヴィかつタイトな演奏の中でキャッチーでポップな感覚が光る隠れ名盤

CAMEL - Moonmadness :月夜の幻想曲 -

全編インストであった" 白雁 "から一転、再度ヴォーカルをフィーチャーし幻想美学の頂点を極めた第一期CAMEL最後の作品

Procol Harum - Procol Harum:プロコル・ハルム -

怪人プロデューサー、ガイ・スティーヴンスの飼い猫の名前からとられたProcol Harumのデビュー作

TEMPEST - Tempest:テンペスト -

コンパクトな編成のハード・ロック・バンドのデビュー・アルバム 後のスーパー・ギタリスト Allan Holdsworthの実質デビュー作

T.2 - It'll All Work Out in Boomland:幻想楽園 -

ブルージーかつヘヴィな英プログレッシブ・ロック 文句なしの大名盤

Van Der Graaf Generator - H to He,Who Am the Only One:核融合 -

ダークな雰囲気に満ちた作品で、ゆえにヴォーカルの独特の美しさが一層栄える

Supertramp - Crime of the Century:クライム・オブ・センチュリー -

1974年発表のサード・アルバム 全英4位、全米38位を記録したSupertrampの出世作

Mike & The Mechanics - Living Years:リヴィング・イヤーズ -

センシティヴな大人のポップ・ロックを展開させているアルバム" The Living Years "

The Human League - Dear!:ラヴ・アクション -

サイド・ヴォーカルに女性2人が入り、マニアックなニューウェーヴ・バンドからメジャー感のあるポップ・バンドへ

CAMEL - Snow Goose:白雁 -

小説「 白雁 」にインスパイアされて制作されたサード・アルバム CAMEL初のコンセプト・アルバム

Def Leppard - High 'n' Dry:ハイ&ドライ -

Def Leppardの作品中、もっともハードでドライヴ感あふれるサウンドに仕上がっている

The Clash - Pearl Harbour '79:パール・ハーバー '79 -

" 白い暴動を起こそうぜ!立ち上がれ! "とメッセージを歌いながらイギリスから登場したThe Clashのデビュー作

T.REX - The Slider:ザ・スライダー -

Marc Bolanの人気が頂点に達したT.REX名義のサード・アルバム