Deliver Great Music

Ultimate Music Album - 極 -


== Sponsord Link ==


America

Eric Johnson - Tones:トーンズ -

" Tones "でソロ・デビューを飾ったEric Johnson ギター・フリークから、まったく新しいアルバムとして絶賛された

KANSAS - Vinyl Confession:ビニール・コンフェッション -

新ヴォーカリスト、ジョン・エレファンテが参加した作品

Boz Scaggs - Silk Degrees:シルク・ディグリーズ -

元スティーヴ・ミラー・バンドのメンバーだったシンガー・ソングライター、Boz Scaggsの6thアルバム" Silk Degrees "

FOREIGNER - Agent Provocateur:プロヴィカトゥール( 煽動 )-

FOREIGNERの5thアルバム" Agent Provocateur "

Steve Perry - Greatest His + Five Unreleased:グレイテスト・ヒッツ+5 -

" I Stand Alone "… まさにSteve Perryはそんな孤高のシンガーであった

Derek and the Dominos - Layla and Other Assorted Love Song:いとしのレイラ -

まるで音楽の神様に導かれるように、すべての要素がかみ合い 濃密に絡み合い、幸せな化学反応を起こした結果、この世に生まれ落ちた名盤

SANTANA - MOONFLOWER:ムーンフラワー -

官能のギター・フレーズ、魅惑のリズムが縦横無尽に繰り広げられた2枚組大作、1977年10月にリリースされた" MOONFLOWER "

JOURNEY - In the BEGINNING:ビギニング 1975~1977 -

1975年サンフランシスコ、スーパー・グループの サクセス・ストーリは始まった…新しい時代を創りながら

Van Halen - 1984 -

MCMLXXXIV = 1984 最終売り上げ1,000万枚以上、ダイヤモンド・ディスクに認定

REO Speedwagon - Wheels Are Turnin':ホイールズ・アー・ターニン -

" 禁じられた夜 " " グッド・トラブル "のヒットから 長い充電期間を経てリリースした" Wheels Are Turnin' "…まさにREO

SANTANA - FESTIVAL:フェスティバル -

躍動感あるラテン・パーカッシブな演奏からメロウな泣きのギターをフィーチャー SANTANAの魅力を詰め込んだ1976年の好作品

Philip Bailey - Chinese Wall:チャイニーズ・ウォール -

あふれるようなPhilip Baileyのファルセット・ヴォイスとコーラス ソロ・セカンド・アルバム" Chinese Wall "

FOREIGNER - Inside Information:インサイド・インフォメーション -

再び新たな感動をFOREIGNERが届けてくれた ロックの歴史にもう1枚名作がここに完成した

SANTANA - AMIGOS:アミーゴ( 同胞 )-

ラテン・ロックへの回帰…" 哀愁路線 "がスタートする

Stevie Ray Vaughan&Double Trouble - Couldn't Stand the Weather:テキサス・ハリケーン -

80年代に入って" Stevie Ray Vaughan&Double Trouble "登場

JOURNEY - CAPTURED:ライヴ・エナジー -

JOURNEY…ロックン・ロールの中で、もっとも一生懸命に、猛烈に働くバンド

Joe Satriani - Flying in a Blue Dream:フライング・イン・ア・ブルー・ドリーム -

Joe Satrianiの実験性が強く出た" Flying in a Blue Dream "

Bon Jovi - Slippery When Wet:ワイルド・イン・ザ・ストリート -

2,800万枚のアルバム・セールス Bon Joviは一躍、世界に名が知れわたることに

Van Halen - Diver Down:ダイヴァー・ダウン -

ターニング・ポイントを迎えたVan Halenの勝負作" Diver Down "

SANTANA - BORBOLETTA:不死蝶 -

さらに格段の飛躍を果たしたNew SANTANA Bandの" BORBOLETTA " SANTANAはまたも大巾なメンバー・チェンジを敢行した

JOURNEY - Dream,After Dream:夢・夢のあと -

" 幻想とロマン "この壮大なテーマに賢三とジャーニーが一体化した 賢三が織りなす色彩美あふれる映像にジャーニーのスペイシー・サウンドが絡みつく 高田賢三初監督作品の映画『 夢・夢のあと 』

Steve Lukather - LUKATHER:ルカサー -

TOTOの看板ギタリスト、Steve Lukatherの1stソロ・アルバム エディ・ヴァン・ヘイレン、スティーヴ・スティーヴンスなど豪華ミュージシャンが参加

MOUNTAIN - CLIMBING:勝利の登攀 -

MOUNTAINのサウンドが確定したアルバム " CLIMBING - 勝利の登攀 - "

TOTO - TOTO Ⅳ:聖なる剣 -

" TOTO Ⅳ - 聖なる剣 - "オリジナルTOTOとしては最後のアルバム これまでの4作のアルバムの中で完璧な完成度を誇る作品

JOURNEY - DEPARTURE:ディパーチャー -

アルバム・クレジットの言葉 " 君も80年代へ向かって僕らの出発" DEPAERTURE "に加わらないか! "

Mahavishnu Orchestra - Birds of Fire:火の鳥 -

Mahavishnu Orchestraにとって最大のヒット 裏ジャケットには、スリ・チンモイの" Reveletion "という詩が掲載

SANTANA - LOTUS:ロータスの伝説 -

SANTANA初来日の大阪公演( 1973年7月3日~4日 )の実況録音盤

David T.Chastain - Elegant Seduction:エレガント・セダクション -

ソロ・アーティスト名義のインストゥルメンタル・アルバム David T.Chastainの" Elegant Seduction "

KANSAS - MONOLITH:モノリスの謎 -

KANSASというバンドが新たなる道、あるべき姿を 模索し始めたスタート地点にある重要な作品

Bad English - Bad English:バッド・イングリッシュ -

ニール・ショーンとジョナサン・ケインが中心の" Bad English " ジョン・ウェイト、リッキー・フィリップスも加入し" The Babys "の再編