Deliver Great Music

Ultimate Music Album - 極 -


== Sponsord Link ==


America

Donald Fagen - The Nightfly:ナイトフライ -

いわゆる80'sポップスとは一線も二線も画すアメリカン・ポップス史に残る名盤中の名盤

ALCATRAZZ - Disturbing the Peace:ディスタービング・ザ・ピース -

Steve Vaiを迎えての1985年のスタジオ2作目

JOURNEY - FRONTIERS:フロンティアーズ -

遥か彼方の新世界からロック新時代を告げるスーパー・ショット 史上最高に美しいハード・ロックを届けてくれた

Leon Lussell - Carney:カーニー -

スワンプ・ロックの世界とソング・ライティングの冴えを堪能できる名作中の名作

Little Feat - Feats Don't Fail Me Now:アメイジング! -

アメリカン・ロック・グループのLittle Featが1974年にリリースした4作目のスタジオ・アルバム

Wes Montgomery - Full House:フル・ハウス -

Wes MontgomeryがMiles Davisのリズム隊とJohnny Griffinを迎えて吹き込んだライヴ盤の傑作

Steve Miller Band - Fly Like an Eagle:鷲の爪 -

シンセ・サウンドを前面に押し出したことによる変化も手伝い、商業的に大成功を収めた

BOSTON - Walk On:ウォーク・オン -

唯一無二のBOSTON Sound ほかの追従をまったく許さないクオリティは健在

TOTO - Isolation:アイソレーション -

新ヴォーカリストFergie Frederiksenが加入したTOTOの5thアルバム

The Bangles - Different Light:シルバー・スクリーンの妖精 -

西海岸のガールズ・バンド、The Banglesが1986年に発表した2ndアルバム

Huey Lewis & The News - Picture This:ベイエリアの風 -

骨太のロックン・ロールと熱いハスキー・ヴォイス 見事なハーモニーによるキャッチーなメロディ…まさに80's

The Velvet Underground - White Light / White Heat:ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート -

Lou ReedとJohn Caleの個性が火花を散らす攻撃的な作品

Walter Carlos - Switched-On Bach:スイッチト=オン・バッハ -

1970年代に話題となったシンセサイザー音楽の草分け的な作品

The Band - The Band:ザ・バンド -

Bob Dylan色を払拭して、The Bandらしさを打ち出した初めてのアルバム

Dream Theater - When Dream and Day Unite:ホエン・ドリーム・アンド・ディ・ユナイト -

知的でドラマティックで斬新なサウンド美学を展開した衝撃のデビュー・アルバム

Frank Zappa - One Size Fits All:万物同サイズの法則 -

Frank Zappaには、この世に音楽で表現できないものはないというほどの勢いとあふれる想像力を感じることができる

Transatlantic - SMPT:e:トランスアトランティック・ファースト・アルバム -

" SMPT:e "メンバーの最後のイニシャルの組み合わせ レコーディング・スタジオで使用される一般的なマシン・タイム・プロコトル

Simon & Garfunkel - Bridge Over Troubled Water:明日に架ける橋 -

1970年に発表されたSimon&Garfunkel 5作目にして最後のオリジナル・アルバム

Larry Carlton - On Solid Ground:オン・ソリッド・グラウンド -

強盗のショットガンに倒れ、一時は再起不能かと危ぶまれたGuitar Specialistの復帰作

Art Blakey and the Jazz Messengers - Moanin':モーニン -

誰もが口ずさんだといわれるArt Blakeyの代表的名盤

Joe Sample - Rainbow Seeker:虹の楽園 -

清涼感あるJoe Sampleの鍵盤さばきが冴える1978年作品

Fourplay - X -

4人のミュージシャンが奏でる魔法のサウンド 成熟した大人が音楽を楽しめる

Herbie Hancock - Man-Child:マン・チャイルド -

これぞFunk Herbie Hancockここにあり

Stuff - Stuff:スタッフ!! -

一流ミュージシャンで構成されたStuffのデビュー・アルバム

John Coltrane - Giant Steps:ジャイアント・ステップス -

新時代のテナー・サックス奏者John Coltraneの革新性が誰の目にも明らかとなった

Chickenfoot - Chickenfoot:チキンフット -

明らかに" 王道 " " これぞAmerica、これこそAmerican Rock "な作品

Cheap Trick - Lap of Luxury:永遠の愛の炎 -

結成10年目に見事な復活を果たしたCheep Trickの大ヒット・アルバム

Blue Öyster Cult - Agents of Fortune:タロットの呪い -

Blue Öyster Cultのイメージを決定づけた作品 その意味で彼らの作品中最重要作

Richard Marx - Richard Marx:リチャード・マークス -

ライオネル・リッチーのバック・コーラスを経て1987年セルフ・タイトル・アルバム" Richard Marx "でデビュー

Vanessa Carlton - Be Not Nobody:ビー・ノット・ノーバディ -

クラシックとポップスを巧みにミックスした" ピアノ・ポップス "で人気を集めた歌姫